【韓国の反応】スティルウェル米次官補「韓日紛争解決、米国が支援する」

朝鮮日報

訪韓中のデビッドスティルウェル米国務省東アジア・太平洋担当次官補は17日、韓日葛藤と関連、「米国は、親しい友人であり、同盟として、これらの解決の努力を支援するためにできることをするだろう」と述べた。

スティルウェル次官補はこの日、ソウルドリョムドン外交部庁舎でガンギョンファ外相など韓国の外交当局者と連鎖会合後の非公式会見で「基本的に韓国と日本では、この敏感な問題を解決する必要があり解決策をすぐに見つけることを希望する」とし、このようにと述べた。韓日両国の独自の解決が優先だが、両国が対話を通じて事態を解決できるように支援するという意味に解釈される。「韓日間仲裁」に出てほしいという韓国政府の要求に一度の肯定的な立場を明らかにしたものと思われる。

スティルウェル次官補は「現在、日韓関係の緊張状況に多大な関心が集中ことを知っている」とし「ガンギョンファ長官とユンスング次官補が韓国の立場を説明した私は、これを非常に深刻に受け止めている」と述べた。彼は「米国は、私たちの二つの近い同盟である韓国と日本の関係を強化するのに非常に大きな比重を置いている」とし「真実は日韓間の協力なしにはどんな重要な問題も解決することができないということだ」とした。

一緒に会見に出たユンスング外交部次官補も日本の輸出統制について意見を交わしたとしながら"

スティルウェル次官補は先立ち、同日午前キム・ヒョンジョン、大統領府国家アンボシル2次長とイドフン外交部韓半島平和交渉本部長を会合した後、米国が韓日葛藤に関与するつもりか」という問いに、「同盟であるため、私たちは、韓国と米国と関連するすべての問題に関与する」と述べた。

ただしスティルウェル次官補はユンスング次官補などの会合でホルムズ海峡護衛と関連し、韓国の参加を要請しなかったと、外交部当局者は伝えた。スティルウェル次官補が中東情勢について一般的に言及したが、派兵などの具体的な要求はなかった。




これまで反米しておいて結局米国に泣きつく。企業を東奔西走させ、国民は国を心配する忙しさ。今回の政府の無能を再び感じさせられる。
共感11 非共感2


少なくとも米国は軍事的には私たちを傷つけることはないだろうが、中国、日本、北朝鮮は軍事的にも、私たちを傷つける可能性が高いので米国とは近くになければならない
共感6 非共感0


朝中東(朝鮮日報、中央日報、東亜日報)は日本の新聞だ
共感3 非共感5


米国は日本と同盟であっても、日本を常に警戒する。韓国と米国は、日本に侵略された痛みがある特別な同盟国ということだ。
共感1 非共感2

  ↑米国は痛み無く優越感があるだけだ。真珠湾奇襲も米国が誘導したというのが定説。戦争中の日本の原油供給を防ぎ、合意を決裂させながら参戦する機会を狙ったもの。
  共感0 非共感0


結局米国は日本側だろ
共感2 非共感2


外交問題で消えてしまった韓国の外交部長官。日本語は出来ず、英語は出来るがアメリカでは知っている人がいない。
共感0 非共感1


一度私たちも譲歩することは、譲歩して火を消し、日本の輸出部品を受けて時間をかけて代替産業を育成して、再び、日本の攻撃を受けないように備えるようしなければならない。徴用問題は韓国国家がある程度負担し、日本の財産を処分することは自制すべきだと思う
共感5 非共感0


不買運動が答えである
共感1 非共感0


米国も日本も信じてはならない
共感0 非共感0


日本とは真の友人になることがない。悲しいだけだ。
共感2 非共感2


助けてくれないだろう。大韓民国大統領は中国の夢を見る人だから。
共感0 非共感2




関連記事

コメントの投稿


最新記事
応援お願いしますm(_ _)m
海外の反応リンク
カテゴリ
検索
RSS