金正恩「我々との合意を守れ」文大統領を非難 【韓国の反応】

20190726_3.jpg



北、南の戦闘機の導入・軍事訓練を非難... ミサイル発射正当性の主張も
韓国政府「韓米、着実に状況を管理...対話努力継続」

ニューシス
【ソウル=ニューシス】ギムテギュ記者=北朝鮮が25日に打ち上げに成功した弾道ミサイルが戦術短距離弾道ミサイルという点が確認され、ムン・ジェイン大統領の悩みが深まる様相だ。早急な北米の非核化交渉再開を模索していた文大統領の平和構想に歯止めがかかったという評価が提起される。

北朝鮮が韓国軍のF-35Aステルス戦闘機追加導入と韓米連合軍事訓練強行を自分たちに向けた脅迫とみなし、弾道ミサイル開発名分に掲げているという点も会話推進にとって障害要因と思われる。

北朝鮮の朝鮮中央通信は26日、前日の江原道元山から発射した2発のロケットはキム・ジョンウン国務委員長の参観中に行われた「新型戦術誘導兵器射撃試験だったと報道した。

中央通信は「敬愛する最高指導者同志が、私たちの度重なる警告にもかかわらず、南朝鮮地域に先端攻撃兵器を持ち込んで軍事演習を強行しようとしたため、南朝鮮軍部好戦勢力に厳重な警告を送信するための武力示威の一環として、新型戦術誘導兵器射撃を組織し直接指導した」と明らかにした。

前日、大統領府国家安全保障会議(NSC)常任委員会で「新しい種類の短距離弾道ミサイル」と規定したことを、北朝鮮が直接確認したものである。専門家が戦術短距離弾道ミサイル「北朝鮮版イースカーンデル」と分析したものとも同じミサイルである。

韓米情報当局は、北朝鮮が今回の発射を介して、5月4日と9日の二回の試験発射の過程で欠陥を見せた弾道ミサイルが、技術的に完成を収めたと判断している。NSC常任委員が発射当日に異例の弾道ミサイルと発表したのも、こうした脈絡からだ。

特にキム・ジョンウン北朝鮮国務委員長が文大統領を直接狙って、二重行動を見せていると猛非難をしている状況で、北米関係改善を通じて、南北関係の発展を牽引するという文大統領の構想に一定部分支障が避けられないと予想される。

キム・ジョンウン委員長は「南朝鮮当局者が世界の人々の前では、「平和の握手」を演出し、共同宣言や合意書のような文書を弄んだが、一方で最新の攻撃型兵器搬入と合同軍事演習を強行するという奇妙な二重行動を見せている」と話したと中央通信は伝えた。

また、金委員長は「南朝鮮当局者が一日も早く、昨年4月・9月と同じ正しい姿勢を取り戻すことを願う」とも話した。4・27板門店宣言と9・19南北軍事合意書の精神に合致するように戦闘機の導入決定を撤回し、米韓合同軍事訓練を中止するように要求したという意味に解釈される。

特に非難の矢が米国ではない、私たちの政府に向かっているという点が、南北関係の発展を通じて北米対話を牽引するという文大統領の平和構想の実現に少なからぬ悩みを与えると評価される。

これに反して、北朝鮮が繰り返した試験発射を介して新型弾道ミサイル発射の技術を完成させたのが、局面転換を予告する「信号弾」であるで見ることができるという楽観的な見方も存在する。

北朝鮮が2017年11月29日大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射直後対話の場に出てきたように、現在難航している北米の非核化の実務交渉が急流に乗る可能性もあるということだ。

文大統領は当時、ICBM成功発射中に隠された対話の可能性を捕捉して、叙勲国家情報院長を介して北朝鮮との水面下の接触を試みた。その結果、北朝鮮の平昌冬季オリンピック参加を皮切りに、4・27板門店の南北首脳会談と6・12、シンガポール、北米サミットを引き出したことがある。

マイクポンペイオ米国務長官が25日(現地時間)、ブルームバーグTVとのインタビューで「私たちは、外交的に前進道、交渉のソリューションがあるとまだ確信している」と明らかにしたのもこのような脈絡で解釈が可能である。

韓米情報当局は5月4日のミサイル発射時は2発とも失敗し、5月9日打ち上げ時2発中1発が成功したと評価していることが分かった。今回は2発とも計画通りに打ち上げに成功し、これをもとに交渉の場に出ることができるという期待感が流れてくる。

匿名を要求した政府関係者は、「北朝鮮が「ハノイ衝撃」から抜け出し、新しい交渉のための体制を完全に備えたものと見られる」とし「さらに新型戦術弾道ミサイルの完成は、対話する準備が終わった信号とされる」と評価しした。

大統領府の関係者は、「韓米は昨年5月のミサイル発射後、会話の勢いを維持するために、状況管理を着実にしてきた」とし「対話局面は維持されなければならないというのが一貫性のある私たちの立場では、継続して努力を続けていく」と述べた。




韓国人の反応


大韓民国国民の自尊心は完全に壊れてもただキム・ジョンウンの機嫌を取るこの人が本当に大韓民国大統領ですか?
米国・日本との関係は完全に破滅に導き、休戦ラインも爆破してつぶしてしまい、国民に平和が来たと騙し、スパイが下りてきてもそのまま見逃して、国民と野党の提案は完全に無視している者が大統領という席に座っているのがこの国だ。
一日も早く下野させよう。
共感437 非共感22


  ↑国の真の発展のための道である。
  共感2 非共感21



小学生でも知っている北朝鮮の本音をなぜムン・ジェインだけ分からないのだろう
共感1 非共感0



私の周りにムン・ジェインの悪口を言わない人が居ないほどだ。朴槿恵の時はそうではなかった。
共感137 非共感27


  ↑それでも朴槿恵はない...
  共感0 非共感0



アメリカ、日本にいじめられて、子供の正恩にも叩かれ、本当にかわいそうだ。
共感10 非共感0



結局、北朝鮮は私たちを利用して食べるのだ。民族同士を叫んで北にオールインして、アメリカも投げ捨て、日本も捨てる韓国外交。
韓米日協力が崩れると韓国は中露のご飯だ。為政者たちも愚かな国民も精神を整えろ。
共感8 非共感0



米国は防衛費分担金を上げるよう要求し、日本とは貿易戦争に向かい、ロシア/中国は遠慮なく武力示威し、北朝鮮はミサイルで威嚇して...国内は理念葛藤、地域紛争、労使葛藤、男女葛藤、世代葛藤、経済は低迷して...これが国か!
共感0 非共感0



中国と台湾の半導体メーカーは文災害に感謝の親書を送るようだふふふ
共感0 非共感0



それでもムン・ジェインは金正恩のスポークスマンになるのか。本当に情けなくて恥ずかしいことである。
共感5 非共感1



F35を返品してください。日本米帝すべてボイコットして金正恩の答礼訪問を成功させよう。
共感0 非共感0












海外の反応ランキング
関連記事

コメントの投稿


最新記事
応援お願いしますm(_ _)m
海外の反応リンク
カテゴリ
検索
RSS