横浜市立大教授「10月の天皇即位式が日韓関係改善のチャンス」 韓国の反応

20190723.jpg


クックジュンホ横浜市立大教授インタビュー
「日本も対話で紛争解決を期待。文政府が機会逃し」
"天皇即位式のタイミングで和解しなければ"

イーデイリー
[東京(日本)=チョンダスル記者] 「10月の天皇即位式時に凍った日韓関係を解きほぐすしかないと思います。ただし、その前に、両国間の対話通路を再び開き、十分コミュニケーションが必要です。」

クックジュンホ横浜市立大教授は、日本が韓国の輸出規制を断行する前に、4回の警告のメッセージを送ったとした。

最初は、昨年10月韓国最高裁が強制徴用被害者に対して賠償判決を下したときに、日本企業の被害はあってはならないというメッセージだ。第二は、今年1月に韓日請求権協定上の外交紛争手続きの外交協議会開催要請である。韓国政府は、これに応じなかった。5月、日本政府は、第3国が参加する仲裁委員会の設置を要請し、これも韓国政府が答えていないとし、日本政府は、6月19日、第3国が仲裁委員3人を電源指名する仲裁委設置を改めて要求した。

国教授は「6月19日は、日本の大阪で開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会談を控えた日だった」とし「日本政府は、韓国に「交渉のテーブルに座って出せるカードを見せてくれ」と要求したもの」とした。

彼は「この時は、日本も対話を通じて対立が調整されることを望んでいた」と残念がった。日本政府は、韓国側の反応に応じて、韓日首脳会談を開催するかどうかを見計らっていた。韓国政府が答えを与えなかった結果、両国首脳の出会いが「8秒握手」で終わったというのが国の教授の分析だ。

日本政府は、G20首脳会談が終わった後、二日目の7月1日、半導体・ディスプレイ材料のうち3つの品目に対する韓国の輸出管理規則を改正して、審査を強化しない補償友好国である「ホワイト国」リストでも韓国を排除することができると明らかにした。

教授は事態が悪化する前に、日本と会話をすることができる2つの機会を逃したとした。徳仁(德仁)天皇が即位した5月1日、そしてG20サミットである。彼は3回目のチャンスは10月22日に開かれる徳仁天皇の即位式時とした。日本政府がこの日の即位式に195カ国の首脳など2500人余りを招待する予定である。

国教授は「その前に会話の通路を再建して礼遇次元で欠礼がないようにすることで両国が関係を再構築する象徴的な契機にしなければならない」と強調した。




猿の王が降臨するのが人間に重要なことなのか?
共感51 非共感3


このような土着倭寇が怖いです。
共感27 非共感2


イーデイリーは奇妙だね。完全に親日記事だけ出している。
共感3 非共感0


クックジュンホ教授は完全に日本のスポークスマンだ。
共感2 非共感0


いくつかの日本企業は、賠償金を出そうとしていただろ。日本政府が干渉した結果こうなったのになぜ韓国が間違っているニュアンスで言うのか
共感2 非共感1


クレイジーだね。天皇即位式に行って許してくれと頭を下げろと?飢え死んでも国のプライドをかけて、米国と戦ったベトナムとキューバを見習おう。
共感1 非共感0


支持率が上がり続けるのに和解する必要があるか?
共感1 非共感0


このような自称知日派の声を聞く必要がない。韓国には知日派を自称する奇妙な教授が多い。この人達の話を聞いていると、日本で量産したクローン人間のように主張が同じである。日韓関係破綻の原因は韓国にあり、日本は理性的であり、会話が通じる国であるかのように言う。
共感0 非共感0


日本に特使を送って韓日首脳会談しろ。なぜ反日を政治的に利用するのか?このような制裁が長くなるほど、企業だけが損をする。どうせ文罪人は企業のことなんて気にしないかもしれないが。
共感1 非共感2






関連記事

コメントの投稿


最新記事
応援お願いしますm(_ _)m
海外の反応リンク
カテゴリ
検索
RSS