NSC「韓国政府の対北朝鮮制裁違反を取り上げた日本の発言は無責任」

政府が12日、「韓国の対北朝鮮制裁違反」を示唆している日本の要人発言に対して強い遺憾を表明し、この事案の国際機関の調査を依頼しようと日本に提案した。韓日両国の違反事例を一緒に調べ、私たちの政府の誤りがない場合、日本が経済報復措置を撤回し、謝罪することを要求した。これまで韓日両国の関係を勘案して対応水位を調節していた政府が「国際機関調査」のカードを取り出し、積極的な対応に乗り出したのだ。キム事務局長は「調査の結果、韓国政府の誤りが発見されれば、私たちの政府はこれに対して謝罪して是正措置を直ちにとる」と述べた。続いて「しかし、私たちの政府のせいではないという結論が出てくれば、日本政府は、韓国政府の謝罪はもちろん報復的な性格の輸出規制措置も直ちに撤回しなければならない」と強調した。

キム事務局長は「日本の違反に対する徹底した調査も実施されなければならない」と述べた。また、「4大輸出管理体制のほとんどの加盟国は、私たちと同様に、自国の戦略物資不法搬出摘発事例を対外に公開する」とし「日本もそんな措置を通じて輸出規制制度を透明に運用しているかどうか自問してみることを望む」と指摘した。

特にキム事務局長は「最近、日本の要人が明確な根拠を提示せずに、私たちの政府の輸出管理の違反と制裁不履行を示唆している無責任な発言をすることは非常に残念を表する」と述べた。韓国政府が対北朝鮮制裁をはじめとする輸出管理と関連した国際規範を遵守してきたのに、日本の要人が根拠のない主張を広げるという趣旨だ。

キム事務局長は「韓国政府は、国連加盟国に国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議を完全に遵守してきた」と重ねて強調した。また「韓・米・日は緊密な連携の下、海上違法行為を徹底的に監督し、過去2年間、韓国は3カ国の中で唯一、違法積み替えが疑われる船舶6隻を最大1年半以上抑留している」と説明した。

通常の専門家であるキム・ヒョンジョン、大統領府国家アンボシル2次長は、過去10日(現地時間)、米国を訪問し、日本の輸出規制措置の不当性を積極的に報じている。米国仲裁を引き出す「外交的解決策」を推進するとともに、国際機関の調査カードを取り出し、日本を圧迫する布石だ。

キム事務局長は、金次長の米国訪問について「日本の不当な措置について、米国側と積極的に協力することで分かる"と話した。

このような中、ロシアが日本の対韓国の輸出規制品目であるフッ化水素(エッチングガス)を韓国企業に供給することができると最近韓国側に提案したことが分かった。この提案が実現される場合、日本がフッ化水素輸出を規制しても、これに対する代替材が用意されるのだ。



日本はただ韓国が嫌いなのだ。つまり、ムン・ジェイン政府が嫌いなのだ。それも分からないか。ムン・ジェインの日本外交政策のミスや失敗を報復に返すというものである。ムン・ジェインが問題だ。
共感5 非共感0


だからといってどうするというのだ。対策も方法もないやつらが何か対策を立ててみろ。
共感2 非共感0


ムン・ジェイン「日本とは同盟ではない。」2017年9月に国首長がこのように言ったのに、日本に友好国の利益を要求するのはあまりにも強引ではないか?ふふふ
共感11 非共感2


次の総選挙は、自由民主主義vs主体思想派共産党である
共感9 非共感4


日本は嫌いだが、ムン・ジェイン氏は、国内東西対立、男女の葛藤、世代の葛藤、貧富の葛藤...等を越えて国際間の対立も専門だね
共感17 非共感6


国の大人が無能だから静かな日がないね
共感10 非共感3





関連記事

コメントの投稿


最新記事
応援お願いしますm(_ _)m
海外の反応リンク
カテゴリ
検索
RSS